スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【KFS006】三浦 二兎を追う者 

前日の予告どおり、やってきたのは三浦!
J-Yamadaさんとご一緒しました。

今回のターゲットは、青物 と アオリイカ

沖でジギングで青物をやっつけて、その後、浅場でエギングでアオリイカをやっつける。
青物とイカを一度にやっつけてやろうという欲張りな計画。
(自分の場合は大体こんな計画を立てるときは、ターゲットが絞り込めてないだけだったりするんですが・・・)
まずは、出艇直後の浅場でエギングで肩慣らしです。

ここには絶対いるでしょ!というラインを流し・・・


20081025_1.JPG

開始わずか3投目でのヒット。
海に出て5分もたたないうちに、アオリイカGET。幸先よし!




次! 青物狙いに沖へ出ます。

しかし、ここからバイオリズムは悪い方向へ。

今日の海の状況。
出艇場所は風も波もなく穏やかだったんですが・・・
20081025_2.JPG
沖に出ると強いオフショアの風が吹き始めました。

カヤックがどんどん沖へ流される。
パラシュートアンカーを入れて、やっとジグの底取りができる状況。
そんな状況の中、青物の群れを求めて漕ぎまくります。


しかし・・・
探しまわること約4時間、ついに最後まで青物の群れを発見できず。
その間はアタリすら全くなし。
さすがに心が折れました。
はぁ、今日はかなりの距離漕ぎました・・・ 明日の筋肉痛は確定です。

 ・
 ・
 ・

青物に嫌われてしまったので、最後にアオリのポイントへ。
パラシュートアンカーを投入し、ゆっくり浅場を流しながら広く探っていきます。


アオリはいい奴♪
すぐに反応がありました。朝と同じくらいのサイズを2杯キャッチ!

だけど、欲を言うともう少しサイズアップしたのがほしい。


終了間際。
エギをしゃくった後のフォーリング中、張り気味のPEラインが横にススッと走りました・・・

すかさず、ビシッ!!













20081025_3.JPG
やった♪ ちょっとサイズアップ。

さっきまでのジギングの苦行から少し癒され、ここで終了にしました。

二兎を追う者はなんとか一兎は得ることができました。
ほっと一安心。

今日と明日、アオリの刺身と焼酎で一杯やろーっと♪


この時期のアオリイカは警戒心も低く、エギにもアグレッシブにアタックしてきます。
イカがいれば、かなりの確立で釣れますよ。

自分なりのエギングのキモ、ざっくりですが3点ご紹介します。

 ①場所
   その場所にやる気があるイカがいれば、キャスト5投以内にほぼ間違いなく反応があります。
   ある程度攻めて反応がない場合、そこにやる気のあるイカがいないということです。
   カヤックの機動性を生かして、一箇所で粘らずにどんどん移動した方がいいです。
       
 ②時合
   まずめ時や潮の上げ下げなどのタイミングでイカが高活性になるゴールデンタイムはあります。
   場所によってそのゴールデンタイムは違います。(まずめ時はカタい。)
   その場所でやりこんでパターンを掴んじゃえば、キャッチ率は確実にUPします。

 ③エギのアクション
   「しゃくりでイカにエギの存在を気づかせ興味を持たせて、フォーリングで喰わす!」
   エギングはこれが全てと言っていいほど。
   重要なのはフォーリング。特にフォーリングの「スピード」や「姿勢」です。この差で釣果に大きく差がでることも。
   カラーは、個人的にはほとんど気にしてません。オレンジとピンクがあれば十分かな。


J-Yamadaさん。
おつかれさまでした。今日はちょっとつらい釣りでしたね。
午後の方はどうでした?


◆釣行データ
  ①時間  :2008/10/25(若潮) 6:00-11:30
  ②場所  :三浦
  ③釣法  :ジギング、エギング
  ④釣果  :アオリイカ×4
  ⑤満足度 :★★

コメント

エギング

カヤックでのエギング釣果すばらしいです。
前回、東伊豆でちょっとやってみましたが艇が流されて底も取りにくくなんだか良くわかりませんでした。
今度ご指導お願いしますm(_ _)m

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

アオリの刺身は3日目ぐらいまで楽しめるよね!
好き好きだけど、だんだんネットリしてきて甘みが増す感じ。

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

やりますね~♪
ちゃんと釣れてるの判ったので、モチベーション上がってきました!

あとはポイントのセレクトかな・・・
かなりシャローでOK!?

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

ごとうさん。

秋の子アオリは、底を取ることにこだわらなくてもいいと思いますよ。
水深が把握できてれば、底"付近"にある程度沈めてやるだけで十分です。やる気あるイカは10m以上離れたところからでも、エギを見つけてすっ飛んで来るくるくらいですから。
でもカヤックが流されるのが速すぎると、その「ある程度」沈めるのも難しくなると思いますので、そんな時は、パラシュートアンカーが必要になってきます。あと、流される方向に対してのキャストの方向も重要です。

秋イカは比較的釣りやすいので、練習相手にもってこいですよ。

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

モアナさん。

そう、そう!
釣った当日のだと、歯ごたえはあるけど少し甘みが物足りないかんじ。
私は、1日くらい冷蔵庫でねかした刺身の味が一番好きですね。

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

Kさん。

水深5mくらいでも十分釣れますよ。
カヤックで流しながらエギングする場合、水深10mくらいまでが釣り易いですね。
それ以上深くなると、カヤックでは釣りづらい気がします。

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

お疲れさまでした。
あの後、上がってからは2mぐらいのところで小魚がバシャッとしてたり、それをウミウが追いかけたり、ボラらしき魚がはねてたりちょっと雰囲気は良くなりましたが、点数としては0点でした。

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

J-Yamadaさん

おつかれさまでした。
予想通り今日は激しく筋肉痛です。(笑)
午後もあまり良くなかったですか。
午前でも釣っている人はいたみたいですが、青物いったいどこにいたんですかね。

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

唯一、ベイトがちょこっと反応がある場所の先にカヤック出してる人が居たのでその辺かと思ってます。風が強くて行く気に成れなかったのが悔やまれるところです。

Re: 10/25 三浦 二兎を追う者

J-Yamadaさん。

浮灯標までは出ましたが、さらにその沖だったんでしょうね。
帰り向かい風の中を漕ぐことを考えると、私も当日は行く気になれませんでしたよ。
まだいることは確認できましたし、次海況がいい時にリベンジしましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。